店舗什器の賢い使い分け

百貨店から、個人経営のショップまで、店内で商品を陳列する店舗什器は欠かせないものとなっています。
商品のより良い展示のためはもちろんのこと、在庫品の収納や、棚板の取り外しなど、機能的な部分も非常に重要です。


また、什器にミラーなどを取り付けたりといったお客様にとって便利な機能もあります。

店舗に什器を設置する場合、こうした機能性の他に、デザインの吟味も欠かせない要素となっています。



店舗のもつトータルイメージに合わせ、デザインを決定することは、店内の雰囲気を作り出す上で非常に重要なこととなります。

こういった店舗什器は、そのデザインに合わせ、新規に製作することが一般的ですが、その費用は高額なものになります。扱う商品の変化や、店内や売り場のレイアウトの変更などで、店舗什器が不足するケースも多く有ります。



商品を陳列することによってお客様の動線を妨げることになるようでは本末転倒です。



しかし、こういった場合、新しく什器を製作するとなると、思わぬ出費は免れません。
そこで、こうした場合、店舗什器のリースを利用するのが賢い方法です。

什器のリースを専門に扱う業者は数多く存在しますので、依頼すれば店舗までの運搬、設置、不用になった時の引き取りまですべて任せることができます。


また、什器のメンテナンスもすぐ対応してくれるので、破損等のトラブルがあった時なども安心です。価格も什器の種類によりますが、新規で製作するよりは格段に安いものとなっています。

元から使用している什器に加え、臨時的にこうしたリース什器を使い分けることで、機能性を損なわず、無駄な出費を抑えることが可能となります。